おはようございます。

3月24日のWSにご参加くださった皆様ありがとうございました。

この日は前回に引き続き「緊張」をテーマに行いました。

 

緊張と向き合い、仲良くなるために。

まずは「身体を自由に操る」訓練をしました。

この時にまず脱力が出来ないといけないのでまずは脱力から!

324WS1

 

脱力ができればその後はそれぞれのパーツに意識を集中させます。

それをクリアしたら次は「緊張」させた部位をお互いに当て合い、緊張がどのような状態になるのかを

詳しく見て感じて学びました。

 

324WS2

 

そして今回も演技に取り入れていきます。

緊張を使ったシーンアクティングをそれぞれが組み立て、実際に演技で使用しました。

ここまでくれば緊張とはかなり仲良くなれました。

 

324WS3

 

最後に前回のテキストを使いシーンに緊張を取り込みます。今回は前回よりもさらに細かくしっかりと

緊張感を物語に絡めていきます。

一度演じたあと、講師が撮影した動画を一人一人に見てもらい、確認して修正したら再度トライ!

 

324WS4

 

前回は座学多め、今回は体験多めのWSとなりました。

緊張編はこれで一度終了です。

次回はどんなテーマになるのかお楽しみに!

 

 

 

 

 

<strong>次回のワークショップ情報</strong>

>><a href=”http://racting.com/info/wsyokoku/” target=”_blank”>WS次回予告</a>

 

 

<strong>過去のワークショップ内容</strong>

■<a href=”http://wp.me/p6FuB5-aB” target=”_blank”>第1回</a>

 

 

また、RACTでは皆様がワークショップに参加しやすくなるように

ワークショップの開催地アンケートを行っております。

今回のワークショップが行きたいけど遠いなぁと思った方

是非、アンケートに答えていただけらと思います。

<a href=”http://wp.me/p6FuB5-aV” target=”_blank”>ワークショップ開催地アンケート</a>